検定制度

検定制度

検定制度

一般社団法人日本エアブラシ協会が認定する

エアブラシスマイスター制度とは?

・一般社団法人日本エアブラシ協会が実施する「エアブラシ検定」合格後、
協会への入会により寄与される資格で、エアブラシから広がる夢・感動を提案する
エアブラシのスペシャリストです。

3ステップでスキルを磨く

エアブラシマイスター資格は、以下の3ステップで構成されています。

・エアブラシマイスター3級(3級のみ通信での受験となります。)
【筆記】「エアブラシの歴史」「名称」「構造」「トラブルシューティング」等、
【実技】「分解」「組立」「基本操作」

・エアブラシマイスター2級・・・「3級で学んだ内容をさらに深めていき「知識と技術」を学びます。(来春以降開催予定)

・エアブラシマイスター1級・・・プロとしての仕事をめざし、さまざまな専門知識や商品開発などの事例を通して、売り手と買い手の双方から、エアブラシビジネスを学びます。
(来春以降開催予定)

エアブラシスマイスターの特典

一般社団法人日本エアブラシ協会では、エアブラシマイスターに活躍機会を提供し、
情報交換やスキルアップのイベント講習会などを開催して参ります。

・エアブラシマイスター交流会・・・年一回、スペシャルゲストを招いたセミナーや、交流会パーティーを開催します。交流会ではエアブラシスマイスター同士の情報交換が行えます。

・各種セミナー・・・トップエアブラシアーティストを招いたデモンストレーションや技術を学べる講座など開催して参ります。

・各業界にエアブラシ講師として推薦いたします。